トップ > リキュール > 「山の都に咲く梅酒」

表示されている酒成分は2014年11月現在のものです。

「山の都に咲く梅酒」

2017年分は完売致しました。
次回の販売はは2018年6月頃の予定です。


北は阿蘇南外輪山、南は九州脊梁の山々が連なる、まさに「山の都」熊本県山都町。
幸せの青い鳥「オオルリ」は街のシンボルとして親しまれています。
「山の都に咲く梅酒」は、ここ山都町で明和七年(1770年)創業以来、こだわりの日本酒を造り続けている老舗酒造 通潤 が造った日本酒ベースの梅酒です。
日本酒ベース独特のまろやかさが引き立つ、角がなく柔らかい味わいが特徴です。
コクと梅の酸味とのバランスが絶妙です。
梅の濁りが底に沈んでいますので、軽く瓶を振ってお召し上がり下さい。
 
【完全手作りのため、毎年1,000本ほどの限定生産となります】
 
内容量 / 500ml

原料/ 清酒、梅、氷砂糖
アルコール度数 / 12度
製造元 : 通潤酒造株式会社
価格 : 1,204円(税込1,300円)
ポイント : 12
数量    ×売り切れ
 

5400円(税込)以上は送料無料

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 梅ちぎり〜ヘタ取り〜ベースのお酒まで、全て山都町と私達で用意しました

  • ベースのお酒は伝統の寒造りによる度数20度の原酒を使用しました。日本酒で作るので氷砂糖は少なめで優しい甘さになります

  • 1年かけて出来上がった梅酒は綺麗な琥珀色でした。 封を開けた瞬間、梅の優しい香りが広がります。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ